食生活が不規則だったり、偏食気味な人は足りない分のビタミンをサプリメントで補うという方法があります。足りない分の栄養素を補えれば、健康や美容に対して効果を期待することができます。医薬品ではないため、栄養補助食品ですのでビタミンサプリはいつ飲んでも効果を得られます。ただし、タイミングを選んで飲むことにより効率的に栄養を摂取できます。

ビタミンサプリを摂取する場合、おすすめなのが食後に飲むことが良いとされています。食後に飲むことで食べ物と一緒に消化吸収されるため効率よく摂取することができる上、食べ物の栄養との相乗効果も期待できます。できれば食後30分以内に摂取することが理想的です。気をつけたいのが、空腹時に飲むと胃が荒れてしまうケースです。

胃の弱い人などはタイミングに注意する必要があります。ま、薬を飲んでいるという場合には、医師に確認してから飲むことが必要です。飲み合わせが悪いと病状が悪化してしまう可能も考えられます。サプリメントを飲む場合には、水か白湯で飲むようにします。

食後はお茶やコーヒーなどと一緒に飲むという人も多いとですが、お茶やコーヒーに含まれるカフェインやタンニンは栄養素をこれらの成分と一緒に排出してしまうことになります。ビタミンは種類によって飲み方が異なります。水溶性のものは溶けやすく汗や尿と一緒に排出されてしまうため、食後は必ず飲むようにしていきます。一緒に飲む成分によっては相乗効果も期待できます。