インサイドセールスの効果的な方法について

インサイドセールスとは電話やメール、チャットなどを使い非対面で行う内勤型の営業活動です。これまで広く行われてきた外勤型の営業活動はフィールドセールスやアウトサイドセールスなどと呼ばれています。非対面で営業活動を行うのが特徴であり、インターネットを通して対面で行われるオンラインセールスは外勤型の一種とされます。スタッフが実際に顧客を訪問して情報発信を行う時間は限られています。

インサイドセールスは顧客を訪問する必要がないので、同じ時間でも多くの顧客に対して情報発信が可能になります。スタッフは顧客リストを作成してテレアポを行い実際に訪問するだけでなく、企画書の作成など様々な業務をこなさなければなりません。企業が売上を増やすには本来の業務である営業活動に専念できるようにする必要があります。多くの企業では時間や労力が足りないため、重要度の低い顧客のニーズを取り逃しています。

小さなニーズも確実に拾い上げて売上の増加につなげるには、インサイドセールスによる継続的な情報発信が効果を発揮します。実際に顧客を訪問するには移動時間が必要なため、全ての顧客を平等に扱うことができません。電話やメールなどを使い非対面の方法で情報発信を行えば、顧客を訪問しないので移動時間が不要になります。きめ細かな対応をするにはフィールドセールスが適していますが、より多くの顧客と継続的なコミュニケーションを取るにはインサイドセールスの方が適しています。

インサイドセールスによって顧客の成約意欲を高め、フィールドセールスに引き継ぐのが効果的な営業方法です。