インサイドセールスは成約率の向上に役立ちます

企業の営業スタッフが商品やサービスを顧客にアピールしたとしても、成約意欲が高まっていなければ取引を成立させるのは困難です。取引を成立させるためには継続的に情報発信を行い、時間をかけて顧客の成約意欲を高める必要があります。しかし営業スタッフが1日に使える時間は限られており、全ての顧客を平等に扱うことはできません。優先度の高い顧客から順番に営業活動を行っていると、優先度の低い顧客からの受注を逃す可能性があります。

効率的に顧客の成約意欲を高め売上の増加を図るため、多くの企業で採用されている営業手法がインサイドセールスです。これまで多くの企業で行われてきた外勤型の営業手法は、フィールドセールスやアウトサイドセールスと呼ばれています。外勤型の営業手法は対面で情報発信を行う点に特徴があります。インターネットを通して対面で情報発信を行うオンラインセールスもフィールドセールスの一種と考えられています。

フィールドセールスは基本的にスタッフが顧客を訪問するため、移動時間がかかります。限られた時間内で優先度の高い顧客に対して重点的に営業活動が行われます。インサイドセールスは電話やチャット、メールなどを使い非対面で行う内勤型の営業手法です。この手法はフィールドセールスと異なり実際にスタッフが顧客を訪問する必要がありません。

移動時間が不要なのでより多くの顧客に対して情報を発信することが可能です。インサイドセールスによる継続的な情報発信は顧客の成約意欲を高めます。最適なタイミングでフィールドセールスに引き継げば、効果的に成約率を向上させることができます。