インサイドセールスを採用するメリットとは

企業は多くの顧客を抱えていますが、それぞれ状況が異なるため成約意欲が常に高いとは限りません。全ての顧客の成約意欲が高い状態ならば、スタッフが実際に訪問してすぐに契約を成立させることができます。実際には顧客ごとに成約意欲が異なるので、スタッフは優先順位を決めて営業活動を行わなければなりません。成約意欲の高い顧客を優先的に訪問していると、それ以外の顧客のニーズを逃してしまう可能性があります。

細かなニーズを確実に拾うためには継続的なコミュニケーションが重要です。スタッフが顧客を実際に訪問する外勤型の営業手法はフィールドセールスやアウトサイドセールスと呼ばれています。一方で電話やメール、チャットなどを使い非対面で行う内勤型の営業手法はインサイドセールスと呼ばれます。インサイドセールスはフィールドセールスのように顧客を訪問しないので、スタッフは限られた時間でより多くの顧客に情報を発信できるというメリットがあります。

営業を担当するスタッフは顧客リストの作成やテレアポ、各種書類の作成や訪問による商談の他に既存顧客のアフターフォローなど様々な業務を行わなければなりません。1日に使うことができる時間が限られているため、フィールドセールスで全ての顧客に対応するのは不可能です。最近では多くの企業が細かなニーズを掴み売上の増加を図るため、積極的にインサイドセールスを採用しています。インサイドセールスによって徐々に顧客の成約意欲を高めフィールドセールスに引き継げば、効率的に売上を増やすことができます。

インサイドセールスのことならこちら