インサイドセールスが広がる理由

インサイドセールスは、相手先を訪問しない内勤型営業のことです。電話・メール・DMを使い、直接対面せずに顧客との対話・交渉を行います。インサイドセールスが広がっている理由は複数ありますが、ビジネスの変化が激しい世の中においてスピード化は必須です。営業生産性を高める必要があることが理由のひとつです。

さらに、少子高齢化による人手不足、働き方改革対策の流れにより効率化が求められています。限られた人数で営業成績を上げるために導入する企業も多いです。安価で導入でき解約も簡単なサブスクリプションは、クラウドサービスやソフトウェアなどの消費向けサービスだけでなく法人サービスでも活用されています。従来の対面営業ではコストがかかりすぎますが、インサイドセールスであれば相性が良くコストの面でも心配ないでしょう。

現代では、非対面型のコミュニケーションツールが発達したため、インサイドセールスを導入しやすい環境が整っています。ほかにもコロナウィルス対策の一環として、インサイドセールスを購入する企業は多いです。効率化・コロナ対策・コスト削減などの理由により、非対面による営業はこれからも増えていくでしょう。顧客にとっても、非対面の方が安心だという声もあります。

非対面よりも対面でのほうが、契約率やアポの取得率は高いかもしれません。ですが、チャットビデオや音声、相手に対して親しみを持たれるツールを使い、コンテンツを活用することで、営業成績を上げるチャンスにつながります。インサイドセールスのことならこちら