インサイドセールスの具体的な特徴とは

インサイドセールスは電話やメール、チャットなどを使い非対面で行う内勤型の営業活動です。従来多くの企業で行われてきた外勤型の営業活動はフィールドセールスと呼ばれています。スタッフが実際に顧客を訪問する方法だと、優先順位の低い顧客を後回しにする必要があります。多くの業種において市場のニーズが多様化した現在では、売上を増加させるため小さな案件も確実に拾わなければなりません。

インサイドセールスならば実際に顧客を訪問する必要がないため、スタッフは限られた時間で多くの顧客に対して情報を発信できます。顧客対応やテレフォンアポインターなども内勤型の営業活動に含まれており、これらと区別するためインサイドセールスという言葉が広く使われています。基本的にこの営業手法では顧客を訪問せず、マーケティングで取得した様々な情報に基づいて顧客のニーズを分析します。徐々に顧客の成約意欲を高め、フィールドセールスに引き継ぐのがインサイドセールスの主な役割です。

テレフォンアポインターはテレアポと呼ばれており、アポイントの獲得を主な目的とします。似たような概念にテレフォンマーケティングがありテレマと呼ばれています。テレマは顧客の情報やニーズを聞き出すことを目的とした活動です。これらはアポイントや情報の獲得を目的としていますが、インサイドセールスは継続的な情報発信により成約意欲を高めるのが目的です。

電話やメールなどで1回だけコミュニケーションを取るのではなく、継続的に何度も情報発信を行うという特徴があります。