インサイドセールスの効率を上げる方法

最近では様々な環境の中でインサイドセールスが注目されるようになっており、顧客にもこの方法が受け入れられやすくなっていることから、多くの会社で成果を上げていることが多くなっています。顧客と対面せずにセールス活動を行うインサイドセールスは、従来のイメージからは積極的でないと言う印象を与えたり、また効率が上がらないと言うデメリットを感じることも少なくありませんでした。特にフィールドセールスを数多く経験してきた営業マンからすると、相手にその熱意が伝わらないと言うイメージを持つことも多いものです。フィールドセールスと異なり、インサイドセールスの場合には顧客の役に立つ様々な情報を積極的に提供することが重要なポイントとなります。

顧客と対面している場合には一般的に最後まで話を聞いてもらえると言うことが多いのですが、インサイドセールスの場合には電話もしくはチャットなどを利用して顧客と会話を進めることが多いので、興味を失ってしまった場合には一方的にその会話を切断されてしまうと言うことが多いのが特徴です。そのため、実際にセールス活動を始める前に話す内容を整理し、また顧客の興味を引き立てるような話の組み立てを準備することが必要不可欠となります。この会話の中の明確なストーリー作りをすることが、顧客の興味を引き立て話を聞かせる重要なポイントとなっています。インサイドセールスの場合には、顧客の興味を継続させなければなりません。

そのため事前に入念な準備をし、短時間で必要な事柄を適切に伝えるようにすることが効率を上げる秘訣となっています。