インサイドセールスのメリットは

従来の営業スタイルと言えば、クライアント先へ直接訪問し、商品・サービスの説明をおこない契約を取るといった形が主流でした。ところが社会情勢の変化などにより、勤務スタイルが多様化したこともあって、営業のかたちも見直しの向きが出てきています。そんな中、注目されつつあるのが「インサイドセールス」と呼ばれる営業のかたちです。インサイドセールスは、「非対面営業」とも呼ばれ、メールやWEB会議などを用いて、相手と直接対面することなく営業活動をするものです。

このスタイルはいくつかのメリットがあり、まずは何より「多くの顧客にアプローチできる」と言う点が挙げられるでしょう。対面式の営業の場合、移動・待ち時間というコア意外の時間がかかるため、一日で回れる顧客数には限度があります。一方インサイドセールスであれば、メールを例にとっても、移動時間の削減に加え反応のあったものを再活用できるなどして、アプローチ数は大幅に増えていきます。次に、「ターゲット地域の縛りが少ない」点もあるでしょう。

足で出向く先と違い、非対面であれば地域を全国に拡大できるのです。さらに、「属人的営業リスクを防げる」点も注目すべきメリットです。対面型の営業の場合、顧客とのやりとりは担当する営業マン一人にゆだねられ、その人でないと業務が立ち行かないといった事象が起こりがちです。その点、インサイドセールスなら情報共有やセールス活動の標準化が実現しやすいため、リスクを回避することが出来るのです。