社内で行う営業でるインサイドセールス

新型コロナウイルスが流行することによって、会社での営業の形も大きく変わっています。その営業の形の一つが相手先を訪問せずに、インターネットなどを使って内勤で行うインサイドセールスになります。インサイドセールスは、マーケティングを行い獲得した顧客情報に対してアプローチするのが中心です。従来の営業方法は見込み客の選定を行い電話やメールでアプローチし、アポイントを取ってから会社へ訪問して商談を行うというのが一般的でしたが、このやり方だと感染の心配やアプローチできる顧客数に限界があるというデメリットがあります。

インサイドセールスは電話やメールだけではなく、SNSやウェブ会議システムなどのツールでインターネットを通じて使用することで、遠隔からでも顧客と非対面でありながらコミュニケーションを取りながら営業ができるようになっています。インサイドセールスのメリットは、感染のリスクを下げられる非対面であるというだけではなく訪問するまでの時間を短縮することができ、その分他の顧客に対してアプローチできるということが挙げられます。従来のマーケティングでは難しかった双方のコミュニケーションを行えたり、能動的にマーケティングを行うことができて営業活動の質もアップします。近年では、営業生産性を高めることに注目している企業はたくさんあります。

いろいろな顧客に対応するためにも、営業手法を増やすことは自社の売り上げアップにもつながります。