飲食店におけるインサイドセールスの業務内容

日本では都心部から郊外まで、数多くの飲食店が建ち並んでいます。外食業界は今では、日本の経済を支える屋台骨となっており、その営業スタイルも多様化をしてきました。食堂からカフェ、さらにはレストランなどがありますが他店と差別化を図るためには、効率のいい経営をおこなわないといけません。定期的に新商品を発表したり、さらには改築をするなどがその方法となります。

また専門家の力を借りることで、新しい着想を思い浮かべることもできるでしょう。ここではその専門家であるインサイドセールスマンの活躍を見ていくことにしましょう。インサイドセールスマンは、1980年代のアメリカで誕生した専門家のことを指します。MBAを取得された経営のプロであり、多くの企業と契約をして経理から総務に関する業務のサポートに勤めているのがポイントです。

日本では2000年頃からインサイドセールス業務が知られるようになり、基本的にはフリーランスで活躍をなさっています。飲食店を担当する場合、まず最初に店舗の立地条件を確認なさるのが基本です。集客数から客層・そしてどのような需要があるのかを客観的に分析をしながら、適切なアドバイスを下されます。カフェであれば、ミステリーショッパーを採用して、接客に関する調査もされているほどです。

経営を円滑に進めるためには、まず最初のサービスの良し悪しを確認しなくてはうけません。インサイドセールスではその手段も知ることが可能です。