営業支援はスタッフの負担軽減に貢献します

営業支援とはスタッフの負担を軽減して本来の業務に専念させるための活動です。事業を開始した当初は活動の規模が小さく支援の必要性はあまり大きくありません。しかし事業が軌道に乗り活動の規模が大きくなるとスタッフの負担も重くなります。営業スタッフは顧客リストの作成やテレアポ、各種書類の作成や訪問商談の他にクレーム対応やアフターフォローなども担当します。

売上の増加とは直接的に関係のない業務が増えるほど、スタッフの生産性が低下するので注意しなければなりません。営業支援を効果的に行うためのシステムがSFA、SalesForceAutomationです。SFAは営業支援システムや営業の自動化、営業管理ツールなどと呼ばれています。このシステムにはスタッフの負担を軽減しつつ、組織全体で効率的な営業活動を行うのに役立つ様々な機能が存在します。

SFAには顧客や案件などの情報を一元管理する機能があり、特定のスタッフが重要な情報を独占するのを防げます。このシステムを導入すれば同一の顧客に重複した営業活動を行ったり、担当者の引き継ぎが遅れることがなくなります。また担当者の不在時にトラブルが起きたとしても、他のスタッフが状況を確認して柔軟に対応できます。このシステムには顧客リストや見積書、日報・週報を作成する機能が備えられています。

営業スタッフが抱える定型的で繰り返し行われる業務を自動化し、負担を減らすことができます。SFAを導入して積極的な営業支援を行えば、スタッフの負担を軽減され生産性が向上します。煩雑な作業からスタッフを解放して営業活動に専念させるため、多くの企業でSFAを使った営業支援が行われています。