営業支援が必要になる場合とは

企業が効果的な営業活動を行うためには、スタッフの負担を可能な限り減らす必要があります。営業スタッフが担当する業務は訪問による商談だけではありません。顧客リストの作成やテレアポ、各種書類の作成や既存の顧客に対する情報発信の他にクレーム対応やアフターフォローなども行います。スタッフが抱える様々な業務の中には顧客リストや見積書、日報・週報の作成など定型的で繰り返し行われるものが数多く存在します。

営業支援によってこれらの業務による負担を軽減すれば、スタッフの生産性を向上させることができます。営業支援とはスタッフの負担を軽減して本来の業務に専念させる活動のことです。多くの企業ではSFA、SalesForceAutomationというシステムを使ってスタッフの支援を行っています。SFAは営業支援システムや営業の自動化、営業管理ツールなどとも呼ばれます。

このシステムを導入すると顧客や案件などの情報を一元的に管理できます。スタッフはシステムにアクセスするだけで様々な情報を共有できるため、相互に連絡を取り合う手間を省けます。SFAには顧客リストや見積書、日報・週報を作成する機能があります。スケジュール・タスク管理なども可能なため、スタッフの負担を大幅に軽減できます。

組織全体で重要な情報を共有するだけでなく、スタッフの生産性を向上させる役割も果たしています。スタッフの負担が重く本来の業務に専念できない場合には積極的な営業支援が必要です。SFAを導入して営業支援を行えば、スタッフの負担が軽減されて生産性が向上し売上の増加につなげることができます。