多くの企業で営業支援が行われています

企業が売上の増加を図るにはスタッフの生産性を向上させることと、情報の属人化を防ぐことが重要になります。営業スタッフは訪問による商談以外にも顧客リストの作成やテレアポ、各種書類の作成の他にアフターフォローやクレーム対応など様々な業務を担当します。1日に使える時間は限られており、様々な業務をこなしていると営業活動に専念できなくなってしまいます。営業スタッフの業務の中には顧客リストや見積書、日報・週報の作成など定型的で繰り返し行われるものがあります。

これらの負担からスタッフを解放すれば、営業活動に専念して売上の増加を図ることができます。スタッフの負担を軽減するにはSFAというシステムを導入して営業支援を行うのが効果的です。SFAとはSalesForceAutomationのことで営業支援システムや営業の自動化、営業管理ツールなどと呼ばれています。このシステムには顧客リストの作成など定型的な業務を自動化する機能が備えられており、スタッフの負担軽減に役立ちます。

事業規模の拡大を図るにはスタッフの負担軽減だけでなく、情報の一元的な管理も重要です。情報が属人化すると、特定のスタッフだけが顧客や案件に関する情報を独占的に保有しスタッフ間の連携が不十分になります。SFAには顧客や案件などの情報を一元的に管理する機能もあり、スタッフはシステムにアクセスするだけで重要情報を共有できます。事業規模の拡大を図る企業ではスタッフの生産性を向上させつつ組織的な営業活動を可能にするため、適切な方法で営業支援を行わなければなりません。

SFAには営業支援に役立つ様々な機能が備えられており、スタッフの負担が軽減されるだけでなく情報の属人化を防いで組織的な営業活動を可能にします。