CRMとは何かを十分に意識して利用することが重要

CRMは近年ではほとんどの企業で導入されており、商談を成功させるための様々な情報を得るためのツールに広く利用されています。その中には様々な機能を持っているものも多く、総合的な営業支援ツールと考えられている面も少なくありません。しかし営業支援ツールとCRMは本来の意味が全く異なるものであるため、様々な場面でこの呼び名を使用する場合には本来の意味を十分に理解して使用することが必要です。CRMとは本来、案件情報データベースの意味合いが強く、様々な案件のプロセスや結果をデータベース化しているものとなっています。

これが顧客ごとに分類されていることから顧客管理データベースと言われることも多いのですが、そこから転じて顧客管理ツールと言われることも多くなってきました。しかしあくまでも顧客に対する案件の記録をデータベース化したものであるため、これ自体が顧客を管理することができるものでは無いことを意識することが必要です。CRMとはあくまでもデータベースであることから、これをさらに営業活動で効果的に利用するためにはその手段が重要となります。最近ではSFAがCRMに変わる顧客管理ツールと言われることも多いのですが、SFAは情報共有ツールであるためへ全く異なる機能を持つものです。

そのため、SFAとCRMは組み合わせることでその効果を最大限に発揮することができると考えられる面もあります。CRMとはどのようなものなのかを十分に理解することで、さらに効率的な利用をすることができるものとなります。CRMとはのことならこちら