SFAとは営業を支援するシステム

SFAとは、セールスフォースオートメーションの略で、営業支援システムという意味で使われることが多い概念です。近い文言の中に。顧客関係管理がある、これらはどちらも会社の営業部門のフォローアップや効率化図る目的導入されます。ではSFAとはどのように運用されているのでしょうか。

具体的には、営業メンバーがどのように行動しているのかのスケジュール管理と、打ち合わせの進捗結果をデータベース化することで活用されます。取引先とどの様な話し合いが行われているのか、プロジェクトはどのように進行しているのかがひと目で分かると同時に、成功した取り組み結果をメンバー全員にすぐフィードバックさせることもできるのです。つまり、社内の営業担当の仕事を可視化するための支援ツールということが出来ます。また、SFAを利用すると、顧客への対応も速やかに行うことが可能です。

その取引先がどの様なニーズを持っているのかをチームで把握することが出来るからです。つまりSFAとは、1990年代ごろに個人の努力の結果とされてきた営業利益を、集団で共有することによって会社そのものの収益を最小の支出で増進させることができるシステムなのですね。同時に顧客関係管理システムを併用すれば、仕事相手の要望を迅速にまとめることが可能になり、潜在顧客をファンとして育成することも可能になります。企業の営業活動を個人の力量や熱量でどうにかなる問題ではなく、理論的に効率化する方策なのです。

SFAとはのことならこちら