SFAとは経営陣から現場メンバーなど会社全体で理解

SFAとは、営業支援システムを意味するSalesForceAutomationの略語です。最近はビジネスの現場でCRMやMA・SFAと共に定着しつつあるツールでもあり、主に営業職の人はSFAとは何かだけでなく、営業との関係性がどのようになるのか深く理解しておく必要性も高まっています。SFAとは何かを理解する中で欠かせないのが基本的な機能の把握やマーケティングオートメーションのMA、そして顧客関係管理のCRMとの役割の違いです。MAは全く異なる分野で活用されるツールになるのであまり混同してしまうことはないのですが、SFAとCRMは類似している部分があったり共通している機能があるなど混同しやすいので注意を要します。

会社の規模は企業により様々ですが、小さな企業よりも大企業の方が規模は大きい、これは当然のことではあるのですが全社でSFAを理解して活用することは大きな成果および効果を得られるメリットがあるので、規模が大きな企業ほど従業員全体への知識共有や教育などが欠かせなものになりがちです。環境を整えてSFAを導入する、その機能をフルにしかした運用ができるようになると営業部門はもちろん他の部門も含めた会社全体に大きなプラス効果を期待できるようになります。これを実現するためにはSFAとは何か、これにより何が変化するのか・どのような利益があるのか経営陣から現場メンバーに至る全ての人々が十分に理解することが大切です。