組織的な活動に欠かせないSFAとは

企業が売上を増やして事業を発展させるためには、顧客の状況に合った方法で営業活動を行わなければなりません。最適なサービスを提供したいのであれば、顧客や案件などの重要な情報を一元的に管理する必要があります。規模の小さい会社の場合は、顧客の数も少なくスタッフ数も多くないため意識的に情報を管理しなくても自然と共有されます。しかし規模が大きくなりスタッフ数が増えるほど、情報の共有が困難になるためシステムの助けが必要になります。

SFAとは重要情報を一元的に管理して組織的な活動を可能にするためのシステムです。規模の小さな会社では個人の総合力が重視されるため、情報が属人化して勘や経験に頼った営業活動が行われる傾向が見られます。零細企業などのスタッフは営業だけでなく製品の製造や経理、顧客対応など様々な業務をこなします。事業規模を拡大するほど役割分担が重要になり、スタッフが本来の業務専念する環境を築く必要があります。

SFAとは顧客リストや見積書の作成など定型的な業務を自動化し、スタッフの負担を軽減するシステムです。このシステムを導入すれば、スタッフが本業とは関係のない作業から解放され営業活動に専念できるようになります。SFAとは情報の属人化を防ぎつつ、スタッフの負担を軽減して生産性を高めるシステムです。企業が順調に発展して組織の規模が大きくなるほどこのシステムの必要性が増します。

組織全体で効率的な営業活動を行いさらに事業を発展させるために、このシステムが活躍しています。