柔軟で素早い営業活動を可能にするSFAとは

SFAとは企業が組織全体で素早く柔軟な営業活動を行うことを可能にするシステムです。最近ではこのシステムを多くの企業が営業活動に導入するようになっています。システムを導入しなくても規模の小さな会社ならば問題なく活動することが可能です。顧客の数が少なく業務量も多くなければ少ないスタッフでも十分に対応できます。

スタッフ数が少なければ自然とコミュニケーションが生まれて情報が共有されるため、特にシステムの力を借りる必要がありません。SFAとは顧客や案件などの情報を一元管理したり、スタッフのスケジュールを管理したりする機能を備えたシステムです。顧客や案件などの情報を一元管理すれば、重複営業などで時間や労力を無駄にすることがなくなります。重要な情報が共有されるためスタッフ間の連携も強化されます。

スケジュール管理機能もスタッフ同士が予定を共有できるため、連携を強化するのに役立ちます。このシステムを導入すれば、スタッフが連携しながら最適なタイミングで顧客が求めるサービスを提供できます。スタッフ数の多い企業では、重要情報を共有するため電話やメールなどで連絡を取り合わなければなりません。SFAとはアクセスするだけで情報の共有が可能になり、意識的に連絡を取り合う手間を省くのに役立つシステムです。

さらにこのシステムには見積書や顧客リスト、日報・週報などを自動的に作成する機能もあります。定型的な多くの業務を自動化すれば、スタッフの負担が減り生産性を高めることができます。