SFAは営業活動を効率化するシステムです

顧客や案件に関する情報を特定のスタッフだけが保有している状態が続くと、様々な弊害が生じて効率的な営業活動ができなくなります。規模の小さな企業ではスタッフ数が少ないため自然な会話を通して情報が共有されます。それでも重要な情報については念を押して知らせなければ、何らかのトラブルが起きる可能性があります。規模が大きくなりスタッフ数が増えると、意識的な情報交換を行わなければ効率的な営業活動ができません。

特定のスタッフが情報を独占していても問題がないのは、数人のスタッフで活動しているようなごく小さな企業だけです。多くのスタッフを抱える企業では電話やメール、チャットなどを使い頻繁に連絡を取り合っています。重要情報をスタッフ全員が共有するには時間と手間がかかるため非効率的です。一部のスタッフだけに情報が偏ると担当者の引き継ぎが遅れたり、同じ顧客に重複した営業活動を行ってしまったりします。

情報伝達の非効率性は営業活動上の弊害をもたらし、時間や労力を無駄にしてしまうので注意しなければなりません。多くのスタッフが重要な情報を素早く共有し、相互にフォローし合いながら営業活動を行うために大きな効果を発揮するシステムがSFAです。SFAには顧客や案件などの情報を一元的に管理する機能があるため、貴重な営業ノウハウが組織全体で共有されます。このシステムにはスケジュールを一元管理する機能も備えられており、スタッフが予定を共有するのにも役立ちます。

組織全体で状況に応じて的確な営業活動を行い売上を増やすためにSFAが必要とされています。SFAのことならこちら