SFAは組織的な営業活動を可能にします

営業活動は個人のスキルに頼るのではなく、組織全体で連携しながら行うのが効率的な方法です。スタッフ同士が緊密に連携し合えば、顧客の要望に応じて最適なサービスを提供することができます。何らかのトラブルが起きたとしても、スタッフ同士がお互いにフォローし合うことで顧客が離れるのを防げます。もし重要な情報を特定のスタッフだけが保有したまま営業活動が行われていると、様々な弊害が生じて時間や労力を無駄にしてしまいます。

限られた時間や人材を有効に活用して売上の増加を図るには、組織全体の生産性を向上させなければなりません。組織全体で効率的な営業活動を行うためには、顧客や案件など重要な情報をスタッフ全員が共有する必要があります。しかしメールや電話などを使って情報交換を行っていると、時間や手間がかかるため効率的ではありません。重要な情報を一元的に管理していつでも閲覧できるようにするシステムがSFAです。

SFAを使えば営業ノウハウが組織全体に共有されるため、個人のスキルに頼った場合よりも生産性が大幅に向上します。過去の商談履歴や内容を参考にすれば、顧客ごとに最適な方法で営業活動を行うことができます。SFAは情報を一元管理する機能だけでなく、スタッフが予定を共有したり活動状況を可視化して確認できるようにする機能などを備えています。担当者や部署、顧客や商品・サービスなど様々な視点に基づく売上の予測と実績を可視化する機能もあります。

SFAの各機能を有効に活用すれば、最適な方法で営業活動を行い売上を増やすことができます。