SFAにまつわる基本的な知識・概念

SFAとは「SalesForceAutomation」の単語群の頭文字を取った略称であり、日本語圏では営業支援システムと翻訳されます。企業全体の売り上げアップを目指す上で、セールスを大きく左右する部門である営業部門の強化は欠かせません。社員個人の負担が増えがちな営業部門において、業務の効率化を図ったり行動・プロセスを分析することで課題点を洗い出したりすることで、部署の強化を目指すのが狙いです。搭載されているSFAの主な機能としては営業スタッフの行動管理、商談の進捗状況の管理といった管理系の機能に加えて、定型業務の自動化による生産効率アップを促せる効率系の機能が挙げられます。

また集積したデータを基に課題点を見つけて対処したり、売り上げの予測を立ててより成長するための施策を練ったりといった分析系の機能も充実しているのもSFAの特徴です。SFAの興りは1990年代のアメリカであり、90年代後半よりグループウェアとともに日本でも広まることとなります。国内で注目を集めたのは、長期化していた不況や市場の停滞が理由です。従来行っていた属人的な営業スタイルが徐々に通じなくなり、さらに多様化するユーザーの需要に対応するためには変革が必要だったからです。

大きく拡大していったのはインターネット通信が普及しはじめた2000年を過ぎてからであり、特に2000年代後半からは携帯できる情報端末の普及により休息に広まっていきました。